コツメモ

自分の生活で役にたったコツをまとめてメモしているブログです。自分の経験がだれかの役に立てば嬉しいです。

家を買おうと考えたときに最初に考えるべきことは?

f:id:iimak02:20200531112130j:plain

 

私事ですが、一軒家を購入致しました。

家を買うまでに考えたことにまとめましたので、読者様の参考にして頂きたく考えをまとめました。

まず今回は家を買うまでの最初のステップとして「家を買う前に自分のライフプランや生き方」について考えて頂くと良いと思います。

 

住宅を買うまでの4つの手順

私が住宅を購入するにあたって最初に行ったことは家の購入までの手順です。私の手順としては下記の4つの順番で、住宅の購入を進めていきました。

 

①どうして家を買うべきか自分の中で考えを整理する

②住宅購入について本で調査を行う

③生涯に掛かる費用の計算を行う

④住宅メーカーを回り、各社の比較を行う

 

どうして住宅を買うべきか自分の中で考えを整理する

本記事では、家を買うまでのファーストステップである、「どうして家を買うべきか自分の中で考えを整理する」という事項について詳細についてまとめます。

 

この「どうして家を買うべきか自分の中で考えを整理する」ということは非常に大切ですので、このステップを省略すると人生の取り返しのつかない失敗に繋がるので絶対に省略しないでください。

 

家を買う前にまず最初に考えて欲しいこと

住みたい家のイメージがまだ漠然としているなら、「こんな家に住みたい」と家の形をイメージするより先に、自分のライフプランや先の生き方を考えることが先決です。

 

家を買うということは人生を決めるということに近いことです。家はとても大きな金額の買い物です。人生のフレキシビリティーが大きく失われます。

 

もし転職を考えた際には、住宅ローンが大きな足かせとなります。

もし結婚をしている方であれば、離婚をした際の大きな足枷になります。

もし子供が生まれて家族が増えた際にも購入した家に住み続けなければなりません。

 

家を買うということは、これからの人生の大部分が決まってしまうことになります。そのため、自分のこれからの人生をどう生きていきたいのかということについて、しっかりと自問自答が出来ていないと、家を買った際に大きな後悔が生まれてしまう可能性があります。

 

家を購入する前にしっかりと自分の人生について振り返り、これから先の人生をどう過ごしていきたいか考えていくべきです。

結局、まずは自分のライフプランについての棚卸が出来ていないと良い家を購入することはできません。住宅の購入は大きな買い物です慎重になりましょう。

 

家を買う色々の選択肢

購入した家が終の住処にならない例外もあります。例えば家を不動産投資だと考えて家を買うタイプの人である。

 

例えば、中古の物件を購入してリフォームた後に住宅ローン減税を貰える10年間住み続けます。

その後、住宅ローン減税が切れたら、住んでいた物件を他人に貸出し、また新しく購入した中古を購入して住宅ローン減税を貰うなどの手法を取る人の場合です。

この場合、約10年おきに住む家が変わるため、終の住処にはなりません。

 

ただ、こういった不動産投資戦略を持ちながら住宅を購入する人は非常に少数だと思います。

 

大半の一般的な人にとっては、結婚または生涯独身でいることを覚悟した際に、家を買うケース多く、一生に一度しか住宅を買うことはないと思います。

 

一生に一度の買い物なのであれば、自分の人生はこの先どうなるのか、確実な戦略が立てれていないのに住宅を購入することは非常にハイリスクだと考えます。

 
住宅購入のリスク

基本的に、住宅の購入は賃貸よりもリスクが大きいと私は考えます。

 

私は30代であるため、人生について語れる程、長く生きているわけではないが、やはり人生において数回は自分の中の大きな転機が訪れると思います。

結婚や出産や転職などです。 家を購入してしまうとこういった事態に対応することが難しくなります。

 

学生時代の時や若い時の方が自分にとって大きな転機は訪れやすいと思うが、就職して社会人の大人になってからも自分にとっての転機というは訪れると私は考えています。

20年、30年とずっと仕事をしていれば一度や二度は転勤や転職があってもおかしくないですし、やはり今の時代、ずっと同じ会社で同じ仕事を続けるということは少数になってきていると思います。

 

そんな中、一生の住処である家がずっと同じ場所であるとしたら、転勤や転職の際に住宅が足枷になってしまういます。

 

賃貸であれば、そういった非常時の際にはアパートを借りなおして引っ越しをすればよいだけです。この人生のフレキシビリティを失うことが住宅購入における最大のデメリットだと考えています。

 

住宅の購入は不動産投資である

私個人としては、住宅の購入とアパートを借り続けるのならば住宅の購入の方が金銭的には得だと思っています。

賃貸と住宅の購入では人生でほぼ同程度の金額が掛かるといわれていますが、最後に物件が残る分、購入した方が金銭的に有利になると思います。

(様々なサイトで分析されているので、賃貸と住宅の購入でどちらがメリットがあるかの議論はここでは控えます。) 

 

ただし、ここで述べたいのは住宅の購入は大きなリスクがあるということです。

 

住宅の購入というのは不動産投資であるので、人生において大きなリスクを負うということを理解して欲しいと考えます。

住宅の購入は誰がどう考えたって、不動産投資以外の何物でもないです。ただ自分が住むだけの不動産投資であると考えます。

 

日頃から資産運用や投資をすることでマネーリテラシーを身に着けておく

私が住宅を購入した際に一つ感じたことは、日頃から行っている株式投資や投資信託の経験が住宅の購入に対して役に立ったと感じたことです。

というより、不動産投資である住宅の購入は、資産運用などの他の投資と似たような発想で行った方がうまくいくのではないかと実感しました。

 

最後に 

「住宅を購入することは男のロマンである」といった意見や、「実際に住むためには便利であって欲しいからここに住みたいといった立地」、「返せる範囲の住宅ローンはどのくらいなのかという金銭的問題」もとても大事な問題です。

ただそれより先に、今このタイミングで家を買って一生後悔しないかという自分の人生を振り返ってみたときのライフプランの見直しを最初に行うべきだと私は考えます。

 

下記の本が「どうして家を買うべきか自分の中で考えを整理する」という点を考えるにあたって参考になったのでオススメしておきます。

 

ではまた。

 

 【関連記事】

www.nyannbeenoasobinokotu.com

 

☆この記事が参考になったならば「読者登録」、「ツイッターのフォロー」、「はてなブックマーク」などを頂けるとブログ作成の励みになります。ツイッターをフォローして頂くとブログ更新を見逃しません。 今後ども読者のためになるような記事を更新していきます☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

@nyannbeeさんをフォロー

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑