コツメモ

自分の生活で役にたったコツをまとめてメモしているブログです。自分の経験がだれかの役に立てば嬉しいです。

一人暮らしの男性向け【生活費の節約と管理について】

f:id:iimak02:20200527092749j:plain


一人暮らしの男性向け【生活費の節約と管理について】

皆様は一人暮らしを始めて何年目でしょうか?

男性の一人暮らしは自由に使えるお金が多く、お金の収支に対して無頓着になりがちです。大学を卒業して社会人になった同級生や同期と比較しても、ひとそれぞれ貯金額は異なってきます。

皆様は将来、結婚して家庭を築きたいと思っているでしょうか?結婚したらお金がとても重要になります。まずはそのためにも、今の生活費を見直してみませんか?

 

はじめに

この記事ではお金の管理、節約において優先順位の高いものから順に記載をしています。いきなり全てのマネーテクニックを使うことは時間がかかりますので、順番に試してみてください。

 

①お金の管理をする

お金を節約するためにまず大切なことはまず家計簿をつけることです。家計簿をつけている一人暮らしの男性はどれくらいいるでしょうか?

 

多分みんなつけていませんよね?でも、お金を管理するにあたっては家計簿が最も大切です。家計簿のつけ方はノートでも、エクセルでも構いません。どちらの方法でもかまいませんので、始めてみましょう。

 

 私は100円ショップにてノートを一冊買ってきて家計簿をつけています。家計簿のつけ方としてはこちらのサイトが役に立ちました。

manatopi.u-can.co.jp

やり方としては、まずは毎月銀行口座の残高をチェックしそれを記録します。

それに慣れてきたら、毎日のお金のやりくりを100円単位でチェックしていきます。

それに加えて年間単位での家計簿を作成すると良いでしょう。

 

家計簿をつけることによって、使用していないサービスがわかり、無駄遣いが大幅に減ります。

 

私は手書きで家計簿を作成しています。理由としては100円単位の細かい金額を頻繁に書くため、手書きの方が利便性に優れるためです。

 

ただ、細かく家計簿をつけるのは面倒くさいと思います。そんな方は1000円単位(四捨五入)で記入をしたり、マネーフォワードといった家計簿アプリの導入がオススメです。

 

・人生で必要なお金のシュミレーションをする

住宅を購入したり、フィナンシャルプランナーに相談をすると作成をしてもらえると思いますが、人生で必要なお金を把握します。

私はエクセルにて現在の年齢から、死ぬまでのお金の推移を計算しました。いつか結婚をする予定のある方、子供が欲しいなと思っている方はその金額もエクセルに書き込む必要があります。

日本FP協会のHP、わかりやすいエクセルファイルがありますのでこちらのホームページを参考にすると良いと思います。

 

もちろんこの計算が全てではなく、急な病気や、転職による収入の変化など様々な要因があると思いますが、一度計算すると、将来に対するお金の不安がなくなるので非常にオススメです。

家計簿の結果とすり合わせるとより精度があがってさらに効果的です。

 

②大きな金額を節約をする

次に実際の節約です。

牛乳が安いからこっちのスーパーで買っておこう。という非常に細かい金額の節約はほとんど意味がありません。時間の方がもったいないです。大きな金額の買い物は、合い見積もりを取りましょう。

 

欲しい品物に対して、類似品の検討や購入経路の検討を行うだけで、商品の金額が大きく変動します。引っ越し代や家電の購入などでの大型出費ではとても重要です。上手く活用しましょう。

 

例えば私が最近購入した、乾燥機付きドラム式洗濯機の場合を例に出します。

ほぼ似たような品種で様々な種類があります。家電量販店でオススメされたものを買うだけでは勿体ないです。

 

ファーストステップとして家電量販店でオススメを教えてもらうことはアリですが、家電量販店でオススメされた商品をネットで探すと安く購入できることがあります。ネットの比較サイトとしては価格.comが優秀です。

 

もっと安くするならば、価格.comの結果を家電量販店に持ち込んで商品の値切りに挑戦しましょう。そうすればもっと安くなります。さらにヤマダ電機等では「ポイントカードの利用」、「ネットで株主優待券を購入」や「楽天ペイなどの電子決済」を使用することが出来ます。これらをフル活用することで大幅に費用を削減することが出来ます。

 

これらの方法は確かに手間ではありますが、費用対効果が高く、大きく費用を削減することができます。また、ポイントカード、株主優待券、電子決済などの方法を一度覚えてしまえば、二回目以降の購入の際はスムーズに使用することが出来るので導入をオススメします。

 

③徹底的に固定費を削減する

節約を意識するにあたって固定費の削減は非常に重要です。 

 

もし月に1,000円を削減することが出来れば、25年間で30万円の金額になります。日常生活における固定費は気づいたらコツコツ削減をしていくことが大事です。下に私が実践をしている重要な固定費の削減について書いていきます。

 

 ・普段の支払いを全てカード決済にする。

私は使いやすいため楽天カードを使用しています。普段の買い物から、電気、ガスの支払いもすべて楽天カードに集約しています。

 

・格安スマホを使う

固定費の削減といったらまずはこれです。格安スマホは3大キャリア(ソフトバンク、au、ドコモ)と比較してかなりの節約になるので非常にオススメです。今時の格安スマホは大手キャリアと比べても全く遜色がありません。1人当たりの通信費が1万から2500円に下がります。

 

また、私は現在はUQモバイルにてスマホとwifiを合わせて契約をしていますが、2年ごとにまとめて他社に切り替えを行うようにしています。

2年契約ごとに会社を変えることでキャンペーンを利用して大幅に値引きができるためです。また、スマホとwifiも同じ会社で契約すると年6000円程度の割引になります。

 

・保険を見直す

保険は金額が大きいので見直しがオススメです。自動車保険はチューリッヒもしくはSBI保険がよく、生命保険は会社の共済が最も優秀で、火災保険は楽天損保が優秀なことを確認しています。)

 

・電気、ガスを見直す

電力会社はあした電気がオススメで、ガス会社はENEOSガスがオススメです。一度契約会社を変更することが出来ればずっと固定費を削減することができるので非常にオススメです。

 

・バーコード決済を利用する

可能であれば複数のバーコード決済の利用がオススメです。私は楽天ペイ、ペイペイを併用中です。特に楽天ペイは使用するだけで実質5%OFFになります。

 

・不用品はメルカリにて売却する

メルカリやリサイクルショップを活用してます。

 

・課金しているスマホアプリを削除する

当然ですが、使用していない課金アプリは削除しましょう。数百円単位の課金アプリが多いと思いますが、合計するとそこそこの金額になっている場合があります。

 

 

④無駄遣いをしない

これは節約において当たり前ですが、男性の一人暮らしだと油断をしてついつい無駄なものを買いがちになります。気をつけましょう。

具体的にどのようなものがもったいないか把握するためには家計簿をつけましょう。家計簿を見直し、無駄遣いを減らすだけでかなりの節約になります。

 

⑤余剰資金を投資をする

※投資は確実に儲かる保証はありませんので、自己責任でお願いします。

 投資を始める前に、生活で必要のない余剰資金を整理し、人生でお金の必要になるタイミング(投資期間と目的)を考えてから、少額から投資を始めることがポイントです。

生活に必要なお金で投資をやるのは絶対にオススメしません。全てなくなっても問題のないお金でやることをオススメします。

投資は必ず勝っている時と負けている時が生まれます。どんな詳しい人でも不況時には暴落します。

 

・投資の優先順位① イデコの利用

確定拠出年金を最大限の利用します。一人暮らしの独身男性であっても確定拠出年金は導入するべきです。

確定拠出年金は、国が推進している制度で、現段階では最も恵まれている投資の制度です。リスクを取った投資をしなくても有効活用することがオススメです。

 

・投資の優先順位② 積み立てNISAの利用

楽天銀行、楽天証券を開き積み立てNISAでの投資を行っていきます。

投資先はeMAXIS Slim 米国株式、もしくは楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))などがオススメです。

これらの投資信託に年40万になるように毎月約3万円ずつ分散投資を行っていくことが基本です。

(一度に投資をせず、少しずつ10年程度の時間をかけて広い地域に分散投資をすることが最も大事なコツです。)

 

⑥その他

・住んでいる地域よってお得な制度がある場合があります。市役所のホームページを一通り確認することがオススメです。

・住宅購入ならば、住宅ローン減税、贈与税の非課税、住まい給付金を確認がオススメです。

 

今回の記事は以上となります。

 


マンガで学ぶ 心屋仁之助の お金を引き寄せる体質改善! (ダ・ヴィンチブックス)

 

 

☆現在、読者の方募集中です!気に入っていただけた方は下のボタンをポチっとお願い致します☆

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

◎この記事が参考になったならば「Twitterのフォロー」や「はてなブックマーク」を頂けるとブログ作成の励みになります◎

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓